ドージンファクトリーのスタッフブログ

お電話でのお問い合わせはこちら! tel.058-216-6016 受付時間 9:00~18:00

お問い合わせ
サンプル請求

スタッフブログ

  • 2014.06.09

    紙選びのポイント☆Part4「表紙 メタル紙&色紙」編

    こんにちは、ドージンファクトリー広報担当です。
    さてさてお待たせしました!紙見本をご覧いただいた方から大反響をいただいている、「白印刷」ができるメタル紙&色の濃い特殊紙、のご紹介です☆

    ・白印刷とは?
    色つきの紙にカラー印刷すると、紙の地の色に負けてぼんやりとした発色になってしまいます。そこで、下地に白インクを印刷してからカラーを乗せることで、色の濃い紙でもきれいに発色させることができます。
    よく「白押さえ」「白引き」などと呼ばれていますが、弊社では主に「白打ち」と呼んでいます。

    紙見本では、白打ちあり・なしの仕上がり具合が両方見られるようになっています。
    >>無料紙見本のお申込みはこちらから<<

    今からご紹介する紙はすべて白印刷が可能です☆ 白打ちあり・なし両方お選びいただけます。(料金は変わりません。)

    <キラキラセット表紙>

    ・メタルック(色:ゴールド)

    meta180goald.jpgマット調に美しく輝く金色のメタル紙です。つや消しの金なので和風なデザインに合いそうです。
    白打ちするとメタル感が消えます。全体的に白打ちし、部分的に白打ちしない部分を残すと、そこだけ金色の箔を押したようになって面白いです。



    ・ドーファクメタル(色:シルバー)
    dometa180silver.jpgまるで鏡のような強烈な光沢のメタル紙です。覗き込むと自分の顔が映ります(笑)
    メタルックと同様、白打ちした部分はメタル感が消えます。逆に白打ちしないとカラーを乗せてもすごくギラギラします。



    <色紙セット表紙>

    ・新星物語(色:インディゴ・クロウ)
    star180indigo.jpgstar180crow.jpg

    エンボス系の方でも紹介しましたが、こちらは色つきバージョンです。紙全体に散りばめられた銀片が夜空に輝く星々のようです。
    紙自体に非常にインパクトがあるので、シンプルなデザインの表紙におすすめです。タイトルロゴをどん、と入れるだけでもカッコいい表紙になります。

    ・LKカラー(色:レッド・青・黒)
    lk180red.jpglk180blue.jpg
    lk180black.jpg

    ピカピカした色つきの紙です。パッキリとした原色系の色を揃えております。
    地の色が強烈なので、白打ちしないとかなり発色がぼやけます。特に、「黒」は白打ちなしだとほとんど見えない上にネガフィルムのように色が反転して見えます^^;逆にその効果を利用するのも面白いかも?

    ・里紙(色:かき・枯葉・竹)

    sato170kaki.jpgsato170kareha.jpg
    sato170take.jpg

    やわらかな繊維が織り込まれている素朴な紙です。和風な色を揃えてみました。
    白打ちをしない部分は繊維のモヤモヤが目立って紙の風合いがよく伝わります。




    ファーストヴィンテージ(色:オーク・ターコイズ)

    vin172oak.jpgvin172tarcoiz.jpg

    長い時を経たような懐かしさを感じさせる、クラフト調の紙です。和洋どちらの雰囲気にも合います。
    「オーク」はナチュラルな色なので白打ちなしでもいけます。「ターコイズ」は色々な色が混ざって青緑色に見える不思議な色合いで、シンプルなデザインによく合います。


    白打ち用データはカラーのデータとは別に作成する必要があります。具体的な作り方はこちらをご参照ください。
    >>データの作り方「白版について」はこちら<<

    ハードルが高そうに感じるかもしれませんが、白い紙では味わえないデザイン作りの楽しさが味わえます☆
    しかも、白印刷をオンデマンド部数でできるのはドージンファクトリーだけ!通常はオフセットでしかできません。
    ぜひ、こだわりの表紙作りに挑戦してみてくださいね。

    >>同人誌セットの価格表はこちらから<<

    次回は本文と遊び紙をご紹介します(*´ω`)

月刊アーカイブ