ドージンファクトリーのスタッフブログ

お電話でのお問い合わせはこちら! tel.058-216-6016 受付時間 9:00~18:00

お問い合わせ
サンプル請求

スタッフブログ

  • 2014.07.28

    アンケートでいただいたご意見・ご要望への回答 Part4

    こんにちは、ドージンファクトリー広報担当です。

    同人誌早割の受付が終了しました!原稿お疲れ様でした( ^-^)っ旦~
    まだまだこれから!という方は、ラストスパート頑張ってください♪
    同人誌もグッズも、最終締切にはまだまだ間に合いますので是非ご利用くださいヽ(´▽`)ノ
    直接搬入も受付中です☆
    >>C86締切一覧はこちら<<

    さて、引き続きアンケートにていただきましたご意見についてお答えしていきます。
    たくさんの貴重なご意見を頂戴し、ありがとうございます。

    【サイトについて】

    • サイトについて欲を言わせて頂ければ、本文用紙選択画面と同じ画面にオプションの一覧などを見られるページ、ないしそれへのリンクがあるともっと分かりやすくて良いのですが。

      オプションの一覧ページ、作成予定です。
      ちなみに現在ご利用頂けるオプションとして遊び紙挿入、PP加工があります。これからオプションの種類を増やしていきたいと思いますので、どんどんご意見ください!

    • サンプル請求の紙見本帳のところにだけ期間限定無料とあったので、グッズの見本には発生するのかと思って請求しそびれました。私の確認不足ですが、同じ思いをする人が無い様に、表記を少し考えて欲しいです。

      混乱を招いてしまい、申し訳ございませんでした。「グッズサンプルはずっと無料」の表記を加えさせていただきました。ご指摘いただき、ありがとうございました。

    【価格について】

    • 多少高くても頼む印刷所はありますが、その場合はオプションが選びやすかったり、キャンペーンを行っていたり、何かしら魅力がある場合です。現時点で同人ファクトリー様の同人誌印刷には頼む程の魅力を感じません。

      ドージンファクトリーの同人誌印刷は、
      ・オフセット並みの品質の同人誌が10部から作れる
      ・オフセットでしか使えないような特殊紙が使える
      ・フルカラー+白印刷ができる
      などと、他のオンデマンドの印刷所では代用できない特徴を強みとしています。
      確かに価格は安くはありません。しかし価格に見合った魅力がある...と感じていただけるよう、今後更に努めて参りたいと思います。貴重なご意見ありがとうございます。

    • いつもオンデマンド印刷を利用しているので、やっぱり見慣れた価格帯よりは高く感じてしまいます。オンデマンド印刷という選択肢もあれば、個人的にはとても嬉しいです。

      オンデマンドでは品質や種類が不満、でもオフセットにするには小部数すぎる...そんな方のご要望にお応えするコンセプトでデジタルオフセットの同人誌印刷をスタートしました。もちろん、コストをできるかぎり抑えたい...というご要望にもお応えできるよう、今後検討させていただく予定です。

    【その他について】

    • なぜ封筒に大きく同人誌と書くのか......人目もあるので、隠して欲しかったです。

      当社の配慮不足で、嫌な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。現在は、シンプルな封筒にデザインを変更させていただいております。またご発注時、サンプルご請求時等に、「同人活動が分からないように」と一言いただけましたら、運営会社の封筒を使用させていただきますので、宜しくお願いします。

    • どの紙もセレクトがよくてまた収納もし易くてものすごく立派な紙見本だと思います。お願いしてよかった!中の紙と印刷もよかったのですが表紙の紙もきになります。こちらは普通のセットではないのでしょうか?

      見本帳の表紙はPP(ポリプロピレン)素材を使用しています。同人誌のセットとしてはご用意しておりませんが、クリアファイルやブックカバーなどのグッズでPP素材がご利用いただけます。グッズの無料サンプルもご用意しておりますのでよろしければお申込みください(^^)
      140512_3.jpg

    • ファイルバッグを作ってみたいのですが、オフセットだと高いため、安価なオンデマでも作れたら嬉しいです。

      同様のご要望を多数いただいております。デジタルオフセットのファイルバッグ、もう少し先になりそうですが、実現に向けて動いておりますのでご期待ください!

    • 校了締め切りとは具体的になんなのでしょう。「データ確認が完了し、製作作業に進める状態」とのことですが、貴社でのデータ確認の際不備があったら連絡・修正をする...といった意味ですか?利用者側で何か特別に行うことがあるのですか?

      大きく分けて3パターンございます。

      1.入稿データに不備がない場合:弊社でのデータチェックが終了した時点で校了となります。

      2.入稿データに不備があり、弊社にて修正を加えた場合:
      弊社からお客様にデータの最終確認用の画像をメールにてお送りします。
      お客様より最終確認OKのご連絡をいただいた時点で校了となります。

      3.入稿データに不備があり、弊社にて修正が不可能な場合:
      お客様に再入稿をしていただきます。(お電話またはメールにて不備内容をご連絡いたします)
      再入稿データに不備がなければ、弊社にて再入稿データのチェックが終了した時点で校了となります。

      データチェックには通常30分~1時間程度、混んでいる場合は最大2時間程度かかりますので、
      校了締切の2時間前までに入稿していただくようお願いしております。
      弊社の場合、正午が校了締切のため、AM10:00が入稿締切です。

    • 白版は必ず「パスツール」を用いて作成しなければならないのでしょうか?

      必ずしもパスツールを用いなくても大丈夫です。
      Illustratorでは、白打ちをしたいオブジェクトを別レイヤーにコピー→K100%で着色→パスのオフセットの手順で白版を作成いただけます。
      Photoshopでも、自動選択ツールなどを用いてきれいに選択範囲が取れる場合は、パスツールを使用いただかなくても問題ございません。サイト内「データの作り方」ページでは、ラスタ画像でよりきれいに選択範囲を取るためにパスツールを使用した方法をご紹介しております。

    現在、アンケートにていただいているご意見への回答は以上となります。
    今後もご意見・ご要望等お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

月刊アーカイブ