Illustratorの同人グッズデータ作成ポイント|同人誌印刷・同人グッズ印刷のドージンファクトリー

お電話でのお問い合わせはこちら! tel.058-216-6016 受付時間 9:00~18:00

お問い合わせ
サンプル請求

テクニカルガイド

illustratorのグッズデータ作成ポイント

グッズ向け

カラーモードについて

RGBとCMYK

カラーの画像モードは、RGBとCMYKの2種類があります。それぞれ発色方式が異なり色の領域も違います。
印刷にはCMYK4色のインキを使用しますので、ご入稿前には必ずCMYKにしてください。

加法混色

「加法混色」

RGBはRed(赤)・Green(緑)・Blue(青)による発色方式です。パソコンのモニターやデジカメの色表現に用いられ、赤(R)・緑(G)・青(B)の3色が掛け合わさるることで白に近づきます。

減法混色

「減法混色」

CMYKはCyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)による発色方式です。プリンターなどの色表現に用いられ、シアン(C)・マゼンダ(M)・イエロー(Y)の3色を掛け合わせることで黒に近づきます。プロセスカラー印刷では、Cyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)・BlacK(ブラック)の4色でフルカラーを表現しています。

CMYKはRGBに比べ色の領域が狭いため、RGBからCMYKに変換すると、
CMYKで再現できない色の領域が近い色に置き換えられます。特に蛍光色の様な色はくすんだ色なります。

カラーモードを確認する

カラーモードを確認する

メニューの「ファイル→「ドキュメントのカラーモード」で「CMYKカラー」にチェックが入っているか確認して下さい。 「RGBモード」になっている場合はここで「CMYKモード」に変換して下さい。

カラーモードの確認

弊社テンプレートは、予めCMYKモードの設定で作成してありますので編集しないで下さい

トンボについて

トンボとは

トンボとは

トンボは印刷の仕上り位置、塗り足し部分を指定する為に必要 なものです。また、印刷過程においても多色刷りの見当合わせ の為に必ず必要なものになります。

トンボの作成方法

トンボの作成方法

トンボを付けたいオブジェクトを選択します。 メニューの「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」を選択 します。

オブジェクトに線幅が入った状態でトンボを作成すると、その線の外側から仕上がりトンボが出来ますので、仕上がり寸法が変わってしまいます。必ず線幅を0にした状態でトンボを付けてください。

線幅を0にした状態でトリムマークを作成

弊社テンプレートには、予め「トンボ」レイヤーが作成してありますので、編集しないで下さい。

塗り足しについて

塗り足しとは

印刷された物をトンボで指定される仕上がり位置で断裁する時、断裁機のわずかな位置ズレにより白(紙の地色)が見えてしまう事があります。それを防ぐ為に、仕上がりサイズの外側に3mmデザインを伸ばします。その部分を「塗り足し」と言います。この「塗り足し」を作る事により白が見えてしまう事がなく、キレイな仕上がりになります。また、仕上がり位置よりはみ出しているオブジェクトは断裁によって切れてしまいます。

悪い例(塗り足しが無い場合)

悪い例(仕上がり位置よりはみ出している場合)

良い例(塗り足しがある場合)

弊社のテンプレートは予め、塗り足し(3mm)を含んだサイズになっておりますので、テンプレートの端まで絵柄を伸ばして作成して下さい。

レイヤーについて

レイヤーについて

不可視レイヤーは印刷されません

不可視状態になっているレイヤーは、画面上に表示されません。
表示されていないオブジェクトは印刷はされませんので必要なオブジェクトが入ったレイヤーは可視状態にして下さい。

レイヤーオプション(レイヤーをダブルクリック)で、「テンプレート」の項目にチェックが入っていたり、「プリン ト」の項目にチェックが入っていないレイヤーは印刷されません。
この場合、レイヤー内のオブジェクトは画面上に表示されますが印刷はされませんので注意して下さい。

印刷されない設定例

テンプレートのレイヤーについて

テンプレートのレイヤーについて

弊社テンプレートには、予め「トンボ」「アタリ」「カラー版」の3つのレイヤーが作成してあります。デザイン段階で作成したレイヤーは、最終的に「カラー版」レイ ヤーにまとめて下さい。
また、「トンボ」と「アタリ」レイヤーは、編集しないで下さい。

必要の無いレイヤーは消去して下さい。 最終的に「トンボ」、「アタリ」、「カラー版」の3つのレイヤー のみにして下さい。

配置画像について

解像度とは

Web用解像度と印刷用解像度
※写真は解像度を比較する為のイメージです。

解像度は原寸サイズで300~350dpiで作成したものを配置 して下さい。72dpiなどの低解像度の画像は、ガタガタとした粗い仕上がりになりますので印刷には適していません。 解像度はフォトショップで確認できます。

Web用の画像は72dpiです。
これはモニタ表示に最適な解像度ですので、インターネット上のキレイな画像を使用しても印刷時には粗くなります。

画像を配置する

イラストレータによる画像の配置方法は、「リンク配置」と「埋め込み配置」の2通りがあります。

「リンク配置」

元ファイルとなる画像ファイルを参照する事によりイラストレーターファイルの容量は小さくなります。しかし、 画像ファイル名を変更したり、画像ファイルを別のフォルダに移動するとリンク切れが起き、イラストレーター上で画像が表示されなくなります。プリンター出力や印刷時も表示されませんので注意して下さい。

「埋め込み配置」

画像の配置

イラストレーターファイルの容量が増えますが、イラストレーターファイルと画像ファイルが一体化するのでリンク切れの心配はありません。

メニューの「ファイル」→「配置」から、配置したい画像を選択して下さい。 リンクして配置する場合は、「リンク」にチェックを入れて下さい。 画像を埋め込んで配置する場合は、「リンク」のチェックを外して下さい。

埋め込み配置をする場合はリンクのチェックを外す

リンク配置で作成されたデータの場合、リンク元の画像データも同じフォルダにまとめて入稿して下さい

文字のアウトライン化について

アウトライン化とは

アウトライン作成しないと別のパソコンで開いた時に初期設定されているフォントや、近いタイプのフォントに 置き換わってしまいます。 そこで、イラストレータの「アウトライン作成」という機能を使って、テキストデータを図形化(パス化)します。 そうする事で別のパソコンで開いてもそのままの形で表示する事ができます。

アウトライン作成したデータの上書き保存後は、文字の編集ができませんので、
アウトライン作成前のデータも別名保存しておきましょう。

文字のアウトライン化

文字をアウトライン化する

アウトラインを作成

メニューの「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択します。メニューの「選択」→「すべてを選択」を選択します。メニューの「書式」→「アウトラインを作成」を選択します。アウトライン化された文字はパス化されます。

線・塗りの設定について

オブジェクトに色を付ける指定は「塗りの設定」と「線の設定」の2通りあります。

塗りと線について

「ヘアライン」について

「ヘアライン」と呼ばれる印刷できない線があります。パスで作成された線を「塗りの設定」で色指定しても、線として認識されません。画面上やプリンタでは表現されますが、実際には線の太さを設定していないので、印刷すると非常に細い線になり見えなくなる事があります。パスで線を描く場合は必ず「線の設定」で色指定して下さい。

ヘアラインについて

オーバープリント(スミノセ)ついて

オーバープリント(スミノセ)とは

印刷は「K(ブラック)」→ 「C(シアン)」→「M(マゼンダ)」→「Y(イエロー)」の順でインキを重ねていきますが、 用紙のわずかな伸縮による見当ズレで白い隙間(紙の地色)ができてしまいます。これを防ぐ為にK100%のオブジェクトに対して「オーバープリント(スミノセ)」という製版処理を行います。これにより、白い隙間が出る事なくキレイな仕上りになります。

弊社はK100%のオブジェクト全てに対して、オーバープリント処理を行います。

オーバープリントとは

オーバープリント(スミノセ)の注意点

写真などの絵柄の上にスミベタ(K100%)のオブジェクトを配置した場合、オーバープリントによって下の絵柄が透けて見える仕上りになります。弊社はK100%のオブジェクト全てに対して、オーバープリント処理を行いますのでご注意下さい。

オーバープリントの注意点

オーバープリント(スミノセ)を希望しない場合は、スミベタ(K100%)ではなく、リッチブラックにするか、スミベタ(K100%)に別の色(シアン1%など) を加えて下さい。

保存について

保存する

「別名保存」を選択すると、保存形式が選択できますので、必ず「Adobe Illustrator」形式で保存してください。
拡張子は「○○○○○.ai」になります。

保存方法

「上書き保存」されると保存前の状態に戻れませんので注意してください。

入稿前チェックシート

このシートをPDFでダウンロード
  • 正しいテンプレートを使用していますか?

    必ず弊社のテンプレートをご使用下さい。

  • カラーモードはCMYKですか?

    弊社テンプレートは、予めCMYKモードの設定で作成してありますので編集しないで下さい。

  • 塗り足しは正しく作成されていますか?

    弊社のテンプレートは、塗り足し(3mm)を含んだサイズになっておりますので、
    テンプレートの端まで絵柄を伸ばして作成して下さい。

  • レイヤーはまとめられていますか?

    ご入稿前に、必ず「トンボ」「アタリ」「カラー版」レイヤーにまとめて下さい。
    また、「トンボ」「アタリ」レイヤーは編集しないで下さい。

  • 配置画像は揃っていますか?

    画像が抜け落ちていないか、ご確認下さい。 解像度は原寸サイズde300〜350dpiの物を使用して下さい。
    画像がリンク配置してある場合は、配置元画像データも揃えて入稿して下さい。

  • 文字はアウトライン化されていますか?

    文字のアウトライン化がしていないと、違うフォントに置き換わってしまいますので、
    必ずアウト ライン化をして下さい。

  • スミノセ部分は大丈夫ですか?

    カラー印刷な場合、スミベタ(K100%)の部分は、オーバープリントになりますので、
    下の絵柄が透けて見えてしまいます。ご注意下さい。

ご注文ガイド

  • はじめての方へTOP
  • ご注文方法
  • 入稿方法
  • お支払い方法
  • お届け方法
  • よくあるご質問
  • テクニカルガイド
  • イベント締切一覧
  • テンプレートダウンロード
  • 入稿データ窓口

このページのTOPへ

大洞印刷株式会社

〒 501-0466
岐阜県岐阜県本巣市下真桑290番1
tel.058-216-6016
fax.058-323-2301