2019年12月|同人誌印刷・同人グッズ印刷のドージンファクトリー

お電話でのお問い合わせはこちら! tel.058-216-6016 受付時間 9:00~18:00

お問い合わせ
サンプル請求

スタッフブログ

  • 2019.12.03

    データ入稿時の注意点まとめ

    冬コミの締切が近づいてきました(^O^)/!締切前の今だからこそ皆様に知っていてほしい、データ入稿時の注意点をご紹介します。ぜひご参考にしてください(^o^)丿




    1位:白版の不備
    クリア素材への印刷において、白色を表現したい場合や、絵柄を透けさせたくない場合・はっきりと発色させたい場合などは、カラー用データとは別に白版データを作り、白色を印刷する必要があります。
    白版の不備で多いのは、白版が無い・白版が白で作成されている・スポットの白版がオフセットされていないの3つは主です。

    全面に白印刷をしたいという場合、ご注文時や入稿時に備考欄等でその旨をご連絡ください。弊社にて全面の白版をお作りさせていただきます。
    また、スポット的に白印刷をしたい場合、弊社では作成できかねるためご自身で白版データをお作りいただくことになりますが、作成する上でわからないことがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね!下記の記事も参考にしていただけたら嬉しいです(*´ω`*)

    <関連記事>
    クリスタで白版を作成
    白版の簡単な作成方法


    2位:画像の解像度が低い
    カラーデータの印刷に適した解像度は300~350dpi、
    グレースケールデータの印刷に適した解像度は350~600dpi、
    モノクロ二階調データの印刷に適した解像度は600~1200dpiです。
    解像度が低いと、ギザギザとした粗い仕上がりになってしまいます。
    kaizoudo.png

    始めから原寸で適正な解像度を設定してデータを作っていただければ問題ないのですが、Web上からダウンロードした画像を使う場合などは、解像度にお気をつけください。

    3位:塗り足しが無い
    版ずれを考慮し、仕上がりサイズ(仕上がり線)より+3mmの塗り足し作成を推奨しています。

    1204.png

    テクニカルガイドphotoshop 塗り足し

    テクニカルガイド illustrator 塗り足し

    弊社のテンプレートは塗り足し(3mm)を含んだサイズになっているのでテンプレートの端まで絵柄を伸ばして作成していただければ大丈夫です!(^^)!

    4位:テンプレートに入っていない
    特にグッズについては、弊社のテンプレートにデータをお作りいただいていない場合、サイズや形状にズレが生じる可能性があります。
    全商品にAI版・PSD版のテンプレートをご用意しておりますので、ぜひご利用ください。
    >>テンプレートページはこちら<<

    5位:RGBモードで作成されている
    RGBモードのデータのままですと印刷に進行させていただくことができません。
    弊社にてCMYKモードに変換することも可能ですが、変換の際に生じる色味の変化が気になるという方は、始めからCMYKモードでデータを制作頂きますようお願いします。

    6位:アタリ線のレイヤーが統合されている
    Photoshop形式の場合、テンプレートに入っている「アタリ」レイヤーをデザインレイヤーと統合してしまうと、アタリ線が印刷に出てしまいます。
    必ずアタリ線とデザインはレイヤーを分けた状態でご入稿ください。
    万が一統合されていた場合、再入稿をお願いすることになります。

    7位:インキ総量350%以上のオブジェクト(画像)がある
    CMYKの濃度の合計が350%を越えていると、印刷時にインキ汚れが発生する可能性があります。
    もし該当する箇所が発見された場合は、弊社にて修正を加えさせていただきます。




    さて、参考になりましたでしょうか?その他のデータ作成方法は「データの作り方」をご覧ください。クリスタ入稿にも対応しております(^O^)/

    また、原稿を作成する上でわからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください!

月刊アーカイブ

1